top of page

奄美群島南三島経済新聞スタート


 本日はoldie-media事業について書きたいと思います。7月1日からみんなの経済新聞 ネットワークの一員として徳之島・沖永良部島・与論島の広域のエリアとして初めて地域のハッピーニュースを皆さまにお届けしています。その名も「奄美群島南三島経済新聞」地域の支局ごとにネタを集めハッピーニュースを発信する。沖永良部島パートナーは#南国書斎のネルソン水嶋さんです。また、与論島・徳之島にも仲間がそれぞれ島々のハッピーニュースを発信しています。島には所謂メディアという生業がなかなか育ちにくい状況が続いています。しかし、少しづつ、デザインや編集、ライターという職業が島の中でも目につくようになってきているのではないでしょうか?少しづつですが変化している働き方に対応し、より多くの島の子供達に楽しい仕事の場を創出していきたい。そんな気持ちで島々の編集長・支局長はこの事業に取り組んでいます。営業や取材、記事を書くことや島を越えてのオンラインのミーティング。これが将来の子供達の仕事(生業)になり得るように一歩を踏み出しました。

 仕事は粘り強く続けること。私も転職を重ねて現在に至りますが「石の上にも三年」三年未満で仕事を放り出したことはありません。一生懸命ことに取り組み続けていく中で見えてくることって沢山あります。もちろん計画すごく大事ですけど一歩を踏み出しながらしなやかに変化に対応し続けて生業を続ける。失敗を恐れずに、失敗を重ねながら強くなっていく。そんな負けない心を島で育んで欲しいと願っています。いろんな新店舗に取材を兼ねて食事に行ったり、話聞いたりそんな楽しい仕事をなんとか進めて行きたいですね。お仲間も募集中ですよ(笑)

閲覧数:67回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page